夕飯を前にした肉食者の怨嗟

細切れのフレッシュな野菜の上に 主役顔で鎮座する豚肉 ドレッシングに身を湿らせて コンクリートのような灰色を晒している 食卓にはロココ調の椅子が 虚飾を上乗せして待っている 相撲取りの荷重に耐えられぬ 華奢な仕組みの飯と法律 外は雨降り でも 家の中はロケンロー ドラマーのかく鼾は 機械時計のように繊細で正…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飽食の大罪

憎むべき上司もおらず 憎しみ溜まる貧窮もなく それでもなんだろ 何かが足りない コンビニが売り出したピザまん 線路の脇で崩れた カラスがそこを清掃して やっぱり何かが足りてない 皆で飲む居酒屋サイコー 恋人と見る映画サイコー 友と打ち上げる花火サイコー それでも足りない何かに慄く ニュースには他人の不…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

three miles from the jazz kissa

チャーリーパーカーうっせえよ マイルスデイビス押し黙れ チェットベイカー話を聞けよ 雷雲が空を埋め尽くしている 高波が岬を洗っている 太陽死後の世界観で 運営されるジャズ喫茶は したり顔のネクタイと お高いジャケットの溜まり場 権威に首輪をつけられて 随喜しながら年貢米を納める その血はやはり赤なのだけど 尻に蒙…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more